温泉の開発・掘削に関する情報まとめサイト

温泉開発について

温泉開発、といえば皆さんは何を思いますか?今まで全く何もなかったところに温泉宿を作ったりする事も温泉開発の一つですが、既にある温泉地において新しい温泉を掘るのも温泉開発です。既にお湯が湧いているのに何故温泉開発の必要性があるのでしょうか。実は、温泉は井戸が枯れてしまうことがありますが、こうなると温泉を売りにしていた旅館や観光地は営業が出来なくなってしまいます。そこで温泉開発によって新たな井戸を掘削し、豊富な湯量を維持できるようにするのが温泉開発の大きな目的の一つです。もちろん、それまで温泉がないところに温泉を掘削するのも温泉開発の一つです。温泉開発によって、都心部でも天然温泉に入ることが出来る場所も増えていますが、これは調査技術や掘削技術の進歩によって、今までは彫れない、もしくは掘っても採算が期待できないと思われていた場所でも温泉開発が可能になったからです。

温泉開発の方法

温泉開発といえば、ツルハシとスコップを手に大勢の坑夫が命を掛けて掘り進む、という方法をとっていると考えている方もいるかもしれません。また、温泉なんて一々温泉開発なんてしなくても湧いてくるものだと思われる方も居ると思いますが、実は昨今の温泉開発では、そういった前時代的な方法は取られていません。温泉開発に使われるのは、近代的な重機。ボーリングマシンと言われる掘削機を使用して、深いところだと地下1000mまで掘り進むことが可能です。これによって井戸を掘り、適当な所でストレーナーと呼ばれる給水口を取り付けたパイプを埋め込むことで、温泉開発が完了します。

温泉開発の利点

温泉開発の利点が何か分かりますか?温泉開発を行うことにより、温泉開発前に比べると温泉の湯量は上昇し、より多くのお客さんに温泉に入ってもらうことができるようになります。それまで温泉が無かった所で温泉開発を行うことは、地域の活性化にも繋がるので、温泉開発を行うことは大きな経済的な効果を生みます。温泉開発は、ただ単に湯量の維持をするだけでなく、新たな観光資源を生み出すことにもなるのです。更に言えば、温泉が出るということは大きなホテルや旅館だけの問題ではありません。例えばある温泉郷では、各家庭でも温泉を使うことが可能となっている例もありますし、その熱を使った家事なども盛んです。観光資源として、地域のエネルギー源として、温泉開発は様々な物を生み出します。ここでは温泉開発に関わる様々なことを分かりやすくまとめて行きますので、ご参考になれば幸いです。